審査なしクレジットカード/審査なしキャッシング


クレジットカードを審査なしで手に入れる方法や、審査が甘い融資の情報をご提供。

本文へジャンプ

多重債務相談:件数、昨年度3542件で過去最高


多重債務相談:件数、昨年度3542件で過去最高 背景に闇金融業者急増 /千葉


県消費者センターに寄せられた多重債務に関する相談件数が、07年度、過去最高の3542件に上っていたことが分かった。
03年と06年の貸金業法改正により、県に登録する消費者金融業者は減ったものの、無登録の闇金融業者が急増していることが原因とみられる。
県警の07年の闇金融検挙件数は全国の都道府県で最多で、専門家は「潜在的な多重債務者が急増している」と警鐘を鳴らしている。


 上限金利引き下げなどの規制強化を盛り込んだ同法改正により、県内の登録業者は03年度末の623から08年5月末の161にまで激減した。
しかし、消費者センターへの相談は05年2611件、06年3287件、07年度3542件と3年連続で増加した。


県司法書士会相談部長の久保田誠司法書士によると、相談者はともに収入が少なく、不況の影響を受けやすい若年層と高齢者層が大半を占める。
「バブル期に購入した住宅ローン返済のため、消費者金融計6社からそれぞれ約28%の金利で計260万円を借り、返済できなくなった」「夫が定職に就けず、生活費として計9社から計300万円を借り、返済を迫られているが、子供2人を抱え働けない」といった相談があったという。


こうした相談者の多くは登録業者に借り入れを断られ、闇金融から違法な金利で金を借りている。
県警生活経済課によると、07年の闇金融被害者は6700人で、06年5200人から大幅に増加。
検挙件数も43件(06年17件)に上った。営業所を持たず、携帯電話で手続きを取る「090金融」が目立つが、犯行には他人名義の携帯電話が使われるため「犯罪組織の全容解明が難しい」(同課)という。


こうした現状を受け県は07年、多重債務問題対策本部を設置、相談業務などを始めた。7月12日には県東上総県民センター(茂原市茂原)で無料相談会を実施する
。要予約。問い合わせは県県民生活課消費者行政推進室(電話043・223・2271)。

2008/6/20 毎日新聞



利用者が一斉提訴へ 過払い金返還求め


・どうするアイフル!?利用者が一斉提訴へ 過払い金返還求め210人

会社更生手続きを経て、消費者金融大手アイフルの子会社になった信販会社ライフ(横浜市)に法定金利を上回る利子を払わされたとして、宮崎県内の利用者72人が18日、過払い金の返還を求め、宮崎地裁などに提訴した。


 アイフル被害対策全国会議事務局(神戸市)によると、宮崎県以外でも各地の利用者が5月上旬までに順次提訴する予定。原告は21都府県約210人で、請求総額は約2億円に上る。


 ライフは平成13年、子会社化し、会社更生手続き前の過払い金について「手続き完了によって免責され、返還の義務はない」と主張。これに対し、今年2月に神戸地裁が返還を命じたことを踏まえ、利用者らが一斉提訴に踏み切った。
 ライフは「個別の案件ごとに、誠意をもって対応する」としている。


・大手消費者金融などに総額約17億円請求 過払い金返還求め940人一斉提訴

利息制限法の上限金利(年15〜20%)を超える金利を払わされたのは違法だとして、20都道府県の債務者約940人が13日、大手消費者金融やクレジット会社など98社に総額約17億5300万円の過払い分の返還を求める訴えを東京地裁など各地の裁判所に一斉提訴した。


 全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会の呼びかけによる一斉提訴は6度目。平成16年からの請求総額(訴訟外での請求を含む)は約242億円に上っている

2008/5/13

   

Copyright c 2008 by 審査なしクレジットカード/審査なしキャッシング All rights reserved