審査なしクレジットカード/審査なしキャッシング


クレジットカードを審査なしで手に入れる方法や、審査が甘い融資の情報をご提供。

本文へジャンプ

多重債務を良く理解する



多額債務・多件数債務の違い

多額債務、多重債務者とは、「借入金額過多に陥っている人」の事。また多件数債務者は、「借入
件数過多に陥っている人」の事をいいます。
一般的には「多重債務者」として一くくりの扱いではありますが、消費者金融側にとっては、それ
ぞれの捉え方は大きく違うものになっています。


消費者金融に借入を申し込み、契約手続きが進めば融資の実行となりますが、その際の融資金
額は、本人の信用度によって大きく変わってきます。それだけ信用があると判断できれば消費者
金融は高額な融資を行い、低ければ、低額融資とするか、審査落ちとなるわけです。


消費者金融から見た場合の各債務者の捉え方

・多額債務者
1社で数百万円借りている等の人です。金額は大きいですが、1社で高額借入ができるということ
で、「同額分の信用がある」と判断できます。


・多件数債務者
例えば5社で20万円ずつ、計100万円の借入をしている」ような人です。1社あたりは20万円しか
借り入れていないことになりますが、こういう人を特に消費者金融は注目します。
なぜなら、「信用度が低いので、借り入れ数で借金をまかなっている」と見られるからです。


結局は、信用力のバロメーターとしてみた場合、一社から多額の借入をしている方が信用力は高く
なり、小口でも多件数、多重に借入を発生させること自体が信用力低下につながっていることにな
ります。


3件規制

3件規制とは、他社同時利用を3件以内とする自主規制のひとつです。
消費者金融連絡会によると、一般にこの「3件規制」をルールとしていることが多いようです。
この規制の内容は、既に3社から借入れを行っている人が、新規で借入れを申し込んだ場合、審
査の上融資をすることは可能とするが、既に4社から借入れを行っている場合には融資はしない
というもの。


仮に、可能だからといって次々に新規借り入れをしていくことは、とりもなおさず多重債務、多件数
債務の予備軍となり、むしろ自分の首を締めることになります。
利用者自身も「3件規制」を自分に課すべきでしょう。


常にいわれていることですが、次々に借りるということは、もともと返済能力に対して借入金が多い
ということです。
返済計画を立てた上で借りるという基本が守れる精神状態かを良く自問自答するべきでしょう。


多重債務者でもOKな消費者金融

ディックは、他社からの借り入れ件数が、最高で7件まで容認されています。ほかの消費者金融会
社は多くても2〜3社程度でしかないところが多い中で、7社までOKだというのは大きな魅力のひと
つ。


金利も他に比べても低金利で設定されています。
普通の消費者金融ではなかなか審査に通らない、過去に破産などをしたことがあるなどのかたでし
たら、まずはこのディックを試巣のも得策です。
また、OCMカードは他社6社以上でも借入れ可能の実績のあるカードです。


一般的には最大手よりも、大手から中堅にかけての消費者金融の審査が甘いとされています。


また、クレジット系ですと大型スーパーや百貨店などの流通系カードは、一般のクレジット会社より、
比較的審査基準が甘いとも言われています。


多重債務であっても、他社借入れ件数の許容範囲の多いところを狙って審査を受けると、通る確立
が高くなる場合が多いようです。


その他、甘いといわれているのは、
楽天クレジット マイワン、
モビット、ソフトバンク イコール

   

Copyright c 2008 by 審査なしクレジットカード/審査なしキャッシング All rights reserved